standard-title ESMTベルリン校卒業生との交流

ESMTベルリン校卒業生との交流

2019年7月8日、欧州経営技術大学院(ESMT Berlin)の大学院から20人以上の方がkeenonロボットに来訪されました。ESMTベルリンは、ドイツのトップ2の学校の1つであり、ドイツのベルリンの中心に位置し、25の多国籍企業によって設立された私立ビジネススクールです。

keenonロボットの創設者李CEOがさまざまな部門のリーダーを率いて、ESMTベルリン交換代表団の到着を温かく歓迎し、代表団は展示ホール、R&Dセンター、および試運転エリアを見学されました。

  会議室でPPTを見た後、運営部門のディレクターは会社の開発履歴と製品の特長を代表団に紹介しました。R&Dスタッフはロボットモバイルコアテクノロジーを詳細に紹介しました。営業部門のスタッフは会社のスタープロダクト「ピーナッツ」を紹介しました。無人搬送ロボットの紹介と同時に、代表団のメンバーとは、各国のサービスロボットの開発状況、性能​​、およびタイプについて詳細な意見交換を行いました。 

keenonインテリジェントロボット製品は、中国で高い市場シェアを持っているだけでなく、米国、カナダ、スペイン、ドイツ、イタリア、韓国、シンガポール、タイ、ハンガリー、その他の国にも参入しています。現地のレストランに導入されることが多く大変人気があります、無人配送ロボット製品「PEANUT」について詳しい意見交換を行いました。

欧州社会の人口構造は前例のない変化を遂げており、人口は急速に高齢化しています。高齢化の問題は、ヨーロッパの社会経済の発展に直接影響します。高齢者の数が増えると、労働力が不足し、労働力を満たすためにより高度な機械が必要になります。keenonインテリジェントロボット「ピーナッツ」のような無人配送ロボットの登場は、社会構造の変化を解決するだけでなく、「労働力不足」や「困難な採用」などのサービス業界にも存在する課題をクリアし、サービス業界の変革と革新を加速します。

最後に、Keenonロボットの李CEOは中国の人工知能の開発にさらなる力を注ぎ、無人配送ロボットの開発に全力投球をし、より使いやすい製品を作ることを約束し、遠方からの交流代表団に心からの感謝を表明しました。