standard-title 2018年のAI企業トップ100入り

2018年のAI企業トップ100入り

「2018年のAIトップ100企業入り」
掲載:2019-04-09

 4月3日、「Internet Weekly」とeNet のMarketResearchで「中国2018年のAIトップ100企業」リストを発表しました。keenonロボットは高品質な搬送ロボットでシェアを拡大し続けていることでランクインしました。74位でした。

広い世界、将来性がある分野

 中国ではAI技術を駆使した製品がたくさんありますが、自動搬送ロボットはちょっとマイナーな製品であります、開発の初期に将来性があまり見えてこなかったが、ここにきて、LiDarの品質の向上とコントロールソフトの研究により、製品自体がかなりの進化をしました、AIの商業研究結果で非常に明るい成長を見せています。 

 スタンフォード大学が発行した「1818AI指数年次報告書」によると、2018年に中国で発表された人工知能の論文は、ヨーロッパに次いで世界の25%を占めています。

中国産業情報ネットワークによると

 Market Research が発表したデータによると、中国の人工知能市場の規模は2018年に381億元に達し、2020年には700億元に達すると予想されています。これはかなり規模の大きいマーケットであります。

 2017年、国務院は「新世代の人工知能開発計画」を発表しました。2019年の政府作業報告書で、政府は再びビッグデータと人工知能の研究開発を深め、新世代の情報技術産業クラスターを育成することを提案しました。市場に対するポリシー指向のサポートは、繁栄した世界と革新的な開発を生み出す大きな機会を作り出すことができます。

keenonは、屋内無人物流ロボットの普及に焦点を当てる

 keenonロボットは、中国で初めて屋内無人物流ロボットの量産を完了しました。「ロボットに割り当てられた機械作業」のコアにより、位置決めおよびナビゲーションコアアルゴリズムやレーザーレーダーなどのコアテクノロジーで工業化までに成熟しました。ロボット業界での経験を活かし、日々シェアを拡大しています。

keen on ロボット

店舗への導入を加速して、スマートな未来が期待できます

屋内無人物流ロボットはサービス産業のコストを削減し、効率を高め、人間の生活を改善することができます。2018年現在、keenonの第3世代の「ピーナッツ」ロボットシリーズは、ハイディラオなど多数のレストランで仕事をしています。

パートナー

 

導入されたレストランは29の省、市町村、自治区の約400の都市をカバーし、数千の商人が関与し、200万人のサービス人と1,000近くの着陸ロボットにサービスを提供し、走行総距離は500,000km以上です。さらに、韓国、シンガポール、タイなどのアジア、東南アジアの都市、スペインやニュージーランドなどのヨーロッパや北米などの海外市場にも参入しています。

このような眩しい成果、keenonスマートの未来が期待できます、これが「AIトップ100企業」の実力である